UOマゲ=カタの部屋

ウルティマオンラインというゲームの攻略です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

真実の本

今が旬なので、マゲ=カタで「真実の本」を集めに行ってきました。
場所はFの某ダンジョンです。
特攻スペルブックを手に持ってEB>EB>Ltのコンボで良い感じに倒していきます。
背徳のダンジョンではモンスターにディスペル能力が付与されているらしいですが、マゲ=カタを使えば全く問題が無いですね。

対人戦の準備を全くしていないので、赤ネームに怯えつつ狩っています。
20070126165356.jpg

小1時間で30冊くらい集めたところで、緊張の限界に達したので撤収しました。
ヘタレでごめんなさい。

スポンサーサイト

PageTop

マゲ=カタ用の装備品選択について

メイジにとって装備品のマナ回復と呪文ダメージ増加のバランス取りは悩みの種です。
そこで装備品選択時の物差しとして魔法ダメージ倍率補正マナ回復値(仮)を提案します。

メイジがマゲ=カタを使ってボスソロ戦をする場合、時間あたり攻撃回数はマナ回復値(装備とスキルの合計)で制限されます。
魔法の最終ダメージがベースダメージの何倍であるかを示す魔法ダメージ倍率とマナコスト低減によってマナの使用効率が決まります。
つまり、マナ回復値を基準にして魔法ダメージ倍率とマナコスト低減で補正すればメイジの総合的な攻撃力を計算できるのです。

計算式に直してみると、
マナ回復値(装備とスキルの合計)×魔法ダメージ倍率÷(1-マナコスト低減)
=魔法ダメージ倍率補正マナ回復値(仮)

このようになります。
マナ回復値が「魔法威力がベースダメージのままでマナコスト低減の無い場合」の幾つに相当するかを計算しているわけです。

つづきを表示

PageTop

タイムアタック第七回 Twisted Weald後編

前回に引き続きTwisted Wealdでのキーアイテム集めに挑戦です。
今回はいよいよIrkにマゲ=カタで挑みます。
例によって、純メイジでバードスキルも召還生物も使用しません。

Irkだけを上手く隔離して・・・
Irk1.jpg

EX>EB>Invのコンボを使い121秒で撃破。
Irk2.jpg

体力があるので、少しだけ細かい瞑想を挟む必要が有るかもしれません。
EVを使わずマゲ=カタでIrkと戦うと、沼に飛び込まれても強い蜘蛛が沸かなくて良いですね。

動画も有るので、こちらでどうぞ。

あと、おまけです。
MaleficとVirulentもマゲ=カタで戦ってきました。
最初にMalefic
EX>EB>Invのコンボを繰り返して33秒で撃破。
Malefic2.jpg

次はVirulent
EX>EB>Invのコンボを繰り返して27秒で撃破。
Virulent2.jpg

やはり特攻スペルブックが使えると楽ですね。

PageTop

Irk動画

マゲ=カタでIrkを倒しています。

マゲ=カタ vs Irkダウンロード
音声なし2分7秒で4.53MBです。

途中で細かく能動瞑想を挟んでいます。

PageTop

タイムアタック第六回 Twisted Weald前編

今回から二回にわたってTwisted Wealdでのキーアイテム集めに挑戦します。
Gnaw、Lady Lissith、Lady Sabrix、Irkをマゲ=カタで倒していきます。
例によって、純メイジでバードスキルも召還生物も使わずに攻撃魔法のみです。

防御の型を上手く使いながら砂漠地帯を越えていきます。
20070106212124.jpg


先ずはGnawから
Gnaw1.jpg

魔法を使ってこないので、EFを張って・・・
Gnaw3.jpg

EBやChain Lightningを使って30秒で撃破。
Gnaw2.jpg


次はLady Lissithです。
Lissith1.jpg

EX>EB>Ltのワンコンボで7秒で撃破。
個体差があるので、EX>FS>Ltのほうが確実かも?
Lissith2.jpg


次はLady Sabrixです。
Sabrix1.jpg

今度もEX>EB>Ltのワンコンボで7秒で撃破。
やはり個体差があるので、EX>FS>Ltのほうが確実かも?
Sabrix2.jpg


蜘蛛は特攻スペルブックが使えるので楽ですね。
次回はIrkに挑戦します。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。